BELEGA ASIA(ベルーガアジア)の投資詐欺被害にあったサラリーマンの日記

ベルーガアジアの投資詐欺被害にあいました。つらいですが、この経験を今後の教訓として生かすため、今回経験した詐欺師の手口を皆さんに可能な範囲で公開します。そして同類の投資詐欺業者のサイト、およびステマブログなどを徹底批判していきます。投資詐欺業者を一つ一つつぶしていきましょう。

ベルーガアジアは典型的な「劇場型」の特殊詐欺だった!ただし、ベルーガアジアは「i-account口座へ送金させる数多くの投資詐欺組織」の一つに過ぎない。

f:id:yoriki2976:20170326164512j:plain

 

 

 

お久しぶりです。

個人的に多忙になったことと一部編集が必要になったため、数か月間ブログを閉鎖していました。やむを得ない個人的事情で一時公開していた記載内容を一部削除していますが、ご了承ください。

 

さてでは、以下のサイトをご覧ください

特殊詐欺の種類・手口と認知状況/長野県警察
www.pref.nagano.lg.jp/police/jikenjiko/tokushu/teguchi.html

 

...........................................................................................................................................

f:id:yoriki2976:20170111204613g:plain

 

金融商品等取引名目の詐欺(もうかります詐欺
実際にはほとんど価値がない有価証券(社債や未公開株等)や、架空の有価証券、外国通貨などの購入を、ダイレクトメール等であっせんし、その後、別の犯人が電話で「必ずもうかる」「3倍で買い取る」「あなたしか買えない」などと言って購入するように勧めてだまし、これらを買えば高額で買い取ってもらえると信じ込ませ、現金を振り込ませてだまし取る詐欺をいいます。
この手口は「劇場型」と呼ばれ、複数の会社や人物が登場し、被害者をだまします。また、だましのネタは社債や未公開株等の有価証券に限らず、外国通貨、鉱物の採掘権などの権利関係のものや、パソコンソフト、仏像、金、ダイヤモンド等の物品、会員権、社員権であることもあります。

...............................................................................................................................

 

ベルーガアジアでは投資勧誘業者であるベルーガアジアが突如として出現し、ベルーガアジアが日本人の誰もが知らないような無名の海外証券会社での運用を指示し、その海外証券会社は日本人にはなじみのない金融業者i-account へ多額の投資資金を送金するように指示する・・。まさに金融商品取引名目の詐欺で、複数の素性のよくわからない業者が次々と出現するという、「劇場型」の特殊詐欺であったということがわかります。

 

でも、ベルーガアジアは決して珍しい特殊詐欺ではなかったのです。

もうご存知の方も多数いるでしょうが、i-account口座へ投資資金を送金させる数多くの投資詐欺業者の一つに過ぎなかったのです。

まず、ベルーガアジアと同様にFX自動売買システムでの運用を口実に、i-accountに投資資金を送金させる詐欺的な投資勧誘業者は次々と出現しています。

以下の3つのサイトなどで取り上げられています。

海外FX詐欺被害者の会 | Action - wixsite.com
sagilidyarich.wixsite.com/oursite/action

i-account、およびその前身リディアリッチは下部組織・出先機関を介して ...
note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n387177

http://sagi.jp/%e6%8a%95%e8%b3%87%e3%83%bb%e5%87%ba%e8%b3%87/%e3%83%99%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%82%a2/comment-page-7#comments

上記3つのサイトで取り上げられている詐欺的投資勧誘業者を並べると、以下のようになります。

 

北條BCシステム
グローバルビジョン
ヘリテイジ
アドテクノロジー
ジャパンテクノロジー
ベルーガアジア
和幸
ルイプライベートアドバイザリーサロン
ヴァルハラプライベートクラブ

 

それ以外にも、以下のサイトを見れば、i-account口座へ投資資金を送金させる海外証券会社が多数存在することがわかります。

 

海外FX業者の検証 (詐欺と思われる海外FX業者のリスト) 始めに&目次
note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n352536

http://blog.livedoor.jp/compinvest/archives/54512553.html 

 

上記2つのサイトで取り上げられている、証券会社になりすました詐欺組織を記載すると以下のようになります。

●Blue Ocean Forex (ブルーオーシャンフォレックス www.blueoceanforex.com)
●Century FOREX (センチュリーフォレックス www.centuryforex.net)
●FOX FOREX (フォックスフォレックス foxforex-jp.com)
●FXIM (エフエックスIM fx-im.com)
●iTrader FX (アイトレーダーエフエックス www.itrader-fx.com)
●MXT FX (MXTエフエックス www.mxtfx.net)
●RealMaterial FX (リアルマテリアルエフエックス www.real-material.com)
●SEVEN FX (セブンエフエックス seven-fx.com)
●SONIC FX (ソニックエフエックス sonicfx.hk)
●THINKS CO.,LTD (シンク証券 thinksfx.com)
●Trade Forex (トレードフォレックス www.t-forexx.com)
●UlutiaFX (ウルティアエフエックス www.ulutiafx.com)
●V.B.I (www.vbi-invest.com/jp/)

●FX PARNERS ASIA Ltd. (fx-partners-asia.com)
●GIG LTD (http://gigiaf.com)
●CleanUP FX http://www.cleanup-fx.com
●Premium FX http://premiumfx.biz
●WILLIAM HILLS SERVICE LTD.  http://www.thewhs.net
●Avenir Ami LIMTED http://www.bagus-fx.com
●FX8 http://fx-8.net
●Melchior FX http://melchior-fx.com
●Shine Noble Ltd.  http://www.shine-noble.com
●Million FX http://million-fx.com

 

上記の情報が正しければ、重複する詐欺会社を除いて、海外FX証券会社に偽装した詐欺組織が23もあるということになります。

上記以外にも、投資資金をi-account口座に送金させる仮想通貨関連の詐欺会社も出現していますので、実際にはもっと多数の詐欺組織がi-accountを利用している、ということになります。

 

i-account関係者は「i-accountは詐欺組織に利用されて迷惑をこうむっている被害者だ!」と言っているようです。

ヘリテイジ、ベルーガアジアなど9つの投資勧誘業者を装った詐欺組織、および23もの海外FX証券会社を装った詐欺組織が、投資資金の送金先口座としてi-accountを利用したのは偶然であると、i-account 関係者は主張しているのです。

皆さん、その言い分を信じることができますか?

i-accountと利害関係のない第3者のから見ても、怪しいと思うでしょう。

ベルーガアジアに限らず、上記に出てきた詐欺組織の被害者でしたら、警察に詐欺被害を訴えに行っていない人は訴えに行きましょう。またその際に、担当刑事に質問してみるとといいでしょう。

「i-account 関係者は『i-accountは詐欺組織に利用されただけで、詐欺組織とは無関係だ!』と言っていますが、そう思いますか?」

一笑に付されるだけでしょう。

 

これだけ多くの投資詐欺組織が、それぞれ別々に自然発生したということはさすがに考えにくいでしょう。

もちろん、黒幕の組織がいるのでしょう。

その黒幕の組織の名前は、昨年の報道で出ています。

https://this.kiji.is/132386819855025654?c=110564226228225532

.............................................................................................................................................

2016/7/31 16:40

ソフトウエア会社「ヘリテイジ」から被害者に送られてきた投資勧誘のパンフレット
 英国の証券会社による運用を売りにした外国為替証拠金取引(FX)への投資を巡り、指定口座に入れた現金の引き出しに応じてもらえず、全額を失ったとする申告が31都道府県の約80人から寄せられ、計約8億3千万円に上ることが31日、被害者団体「リディアリッチ被害者の会」のまとめで分かった。
 投資を勧誘する会社は複数あり、いずれも香港や中国などの口座を使って高配当が得られるとうたう。被害者側は投資詐欺として警察に訴えるが、国境の壁もあり、海外口座を経由した金の流れの解明は難航しそうだ。

........................................................................................................................................

 

「天網恢恢疎にして漏らさず」という言葉のとおり、詐欺組織の正体が少しずつ明るみになっているようです。

 

ベルーガアジアに限らず、この文章で取り上げられた詐欺組織の被害者で警察に詐欺被害の相談をしていない人は、警察に行って被害相談をしましょう。

目的はもちろん、詐欺組織の関係者を逮捕に追い込むためです。

今後、新たな被害者が出ないようにするためには、詐欺組織の関係者を可能な限り早期に逮捕に追い込むことが必要であり、そのためには多数の被害者が声を上げて警察に捜査するよう働きかけることが重要だからです。